セントラル浄水器のカートリッジ交換

投稿日: by 伊東
カテゴリ:水と環境について

こんにちは。
株式会社ダステックス
「セントラル浄水器」で
オールインワンの水のスタンダード
をお届けする、伊東です。




今日はセントラル浄水器
カートリッジ交換
約1年使用したカートリッジはこんなに真っ黒!!
錆びが多いと茶色い部分もでてきますが
比較的錆びは少ないようです。

1703161.JPG

水道局などの『残留塩素の基準値
日本では0.1mg/L(ppm)以上
米国や欧州地域では、0.1mg/L(ppm)以下

何故基準値が真逆なんでしょう?!
日本は「法令上の安全
米国、欧州は「現実の安心
という感じで捉え方、考え方が違うんでしょうね!

1703162.JPG

東京都世田谷区内の
ご家庭の蛇口での水質検査データ

①遊離残留塩素 0.4mg/L
②濁り 異常なし
③総トリハロメタン 0.012mg/L
④1.1.1-トリクロロエタン 0.00mg/L
⑤クロロホルム 0.0022mg/L
⑥ブロモジクロロメタン 0.0036mg/L
⑦ジブロモクロロメタン 0.0043mg/L
⑧ブロモホルム 0.0018mg/L
⑨テトラクロロエチレン 0.0005mg/L
⑩トリクロロエチレン 0.00mg/L
⑪CAT(残留農薬) ※値なし
⑫2-MIB(カビ臭) ※値なし
⑬溶解性鉛 ※値なし
※値なし:家庭蛇口の水質検査データなし

残留塩素は、米国欧州の基準の4倍以上
という感じですね!!

安心・安全は個々に考えていく必要があります




資料請求
セントラル浄水器

お金持ちの国サウジアラビアの【水事情】

投稿日: by 伊東
カテゴリ:生活

こんにちは。
株式会社ダステックス
「セントラル浄水器」で
オールインワンの水のスタンダード
をお届けする、伊東です。




先日、
サウジアラビアのサルマン国王が来日されました
「世界最大の石油輸出国」だけに、
アジア歴訪の旅は豪華です。

この旅には25人の皇太子をはじめ、
多数の閣僚、軍幹部や宗教指導者など、
総勢1500人が同行しているそうですね。

1703151.jpg

お金持ちの国というイメージですが、
原油安が長引いているため、
国家収入のほぼ9割を原油輸出に
依存してきたサウジアラビアにとって、
大きな危機が迫っているようです。

それでもオイルマネーで潤っている
サウジアラビアの事情は?!

1703152.jpg

アラブ諸国は砂漠が多く、
乾いた熱帯気候で、
水が不足している国のイメージがあります。
しかしアラブ諸国の水道普及率は、
イラクが約85%、イランが約90%、
サウジアラビアが約95%
アラブ首長国連邦で約95%と
高い水道普及率なのです。

海水脱塩化工場で、
海水をボイラーで沸かし蒸留水を作り
ミネラル成分を混ぜ殺菌し
水道水として供給しています

1703154.jpg

比較的安全な水道水ですが、
外気温が高いため
水道水が水道管を通過している間に
細菌が繁殖しやすい温度になることもあるようです
洗面・シャワーなどの生活水は水道水を使用し
飲用水はミネラルウォーターやサーバー
を利用している人も多いようです

1703153.jpg

ちなみに、
サウジアラビアの一般家庭での水道料金は
日本円で約120円/月だそうです
何度か料金の値上げがあったようですが
それでも日本の水道料金と比べると・・・

そんな国の要人の方たち
やっぱりウォシュレットトイレには
多大な興味をいだいていらっしゃるそうです

資料請求
セントラル浄水器

自噴する湧水、西条市の「うちぬき」

投稿日: by 伊東
カテゴリ:水と環境について



全国各地をブラリと訪ね歩くNHKの人気番組の中で、

「河岸段丘」「断層」「不整合」といった地学用語を、

さらりと口にしては専門家を驚かせる、進行役のタモリ氏。

タモリ氏のお気に入りのひとつが扇状地。

扇のように広がる平野のすそ野では多くの湧水が見られます。



愛媛県西条市にある西条・周桑平野も湧水の多い扇状地です。

ここの湧水は、15~30mの鋼管を打ち込むだけで、

勢い良く噴き出す自噴タイプで、通称は「うちぬき」。

地下にある粘土層の重みで地下水が押し出される仕組みで、

美味清涼な湧水は地域の人々に親しまれています。


dustex.brogうちぬき湧水.jpg








水田や畑の傍らにある噴出口から直接水を取り込むため、

このあたりでは農業用水路をほとんど見かけません。

年間を通じて平均水温14℃の「うちぬき」の水は、

夏は冷たく冬は暖かく、野菜のハウス栽培でも活躍中です。

地元の生活に欠かせない湧水ですが、最近は問題が生じています。


西条市と文部科学省の総合地球環境学研究所との共同で実施した、

「千の水を採って」調査では塩水化が報告されています。

都市化により地下水の質や量が変化したことが原因とのこと。

西条市では地質の専門家や地元の住民たちと力を合わせ、

大切な「うちぬき」を守る保全計画を推進していくそうです。





資料請求
セントラル浄水器