手洗いの合否、AIがチェックします

投稿日: by 伊東
カテゴリ:生活

新型コロナウイルスの感染予防のため、
効果的とされるのが手洗い。
厚生労働省は基本の手洗い方法として、
手のひら、手の甲、指先・爪の間、指の間、ねじり洗い、手首の、
計6ステップの手順を推奨しています。


手洗い_64605191_s.jpg









富士通研究所が開発したのは、
手洗いがきちんとできているかを判定するシステム。
手洗い場に設置したカメラからの映像を、
学習済みのAI(人工知能)が瞬時に判定。
「OK」または「NG」とモニターに表示します。


何度も手洗いをする日々が続くことで
つい手早く済ませてしまったり。
間違った手洗いがクセになっていたり。
そんな時も、AI(人工知能)が客観的にチェック。
今後、幅広い分野での導入が見込まれています。


ダステックスのセントラル浄水器「Mizuho」は、
水道水中の過剰な塩素を取り除いたきれいな浄水を
家中すべての蛇口に供給するシステムです。
手肌にやさしい浄水は洗面ルームにも供給されるので、
毎日の手洗いに安心してお使いいただけます。



資料請求
セントラル浄水器

そうめん、ひやむぎ

投稿日: by 伊東
カテゴリ:生活

蒸し暑い夏のおススメ献立といえば、
そうめん、または、ひやむぎ。
たっぷりの薬味を添えれば栄養バランスも上々です。
大手新聞社の読者アンケートでは、
そうめん派77%に対して、ひやむぎ派は23%。


そうめん_60697399_s.jpg









全国乾麺協同組合連合会によると、
昔は製法の違いで二つを呼び分けていたそうです。
機械製麺が主流の現在は、
直径1.3ミリ未満の太さだと、そうめん。
1.3ミリ以上1.7ミリ未満の乾麺を、ひやむぎと区分しています。


8割近くを占める、そうめん派によると、
好きな理由は繊細なのどごしや繊細な食感。
ひやむぎ派は太麺の食べ応えとモチモチ感。
また、両派ともに好きな麺つゆは、
出汁(だし)と醤油のさっぱりタイプでした。


ダステックスのセントラル浄水器「Mizuho」は、
水道水中の過剰な塩素を取り除いた出来立ての浄水を
家中すべての蛇口に供給するシステムです。
そうめんやひやむぎの調理の際に、
きれいなおいしい浄水をたっぷりお使いいただけます。




資料請求
セントラル浄水器